ウルナラ

車売るときに知っておきたいアレコレ

タイヤを安く買う方法!1番損をしない買い方とは?

   

「そろそろタイヤ交換の時期だけど、安い店ってどこだろう?」

こんなことで悩んでいるあなたへ。

タイヤを買うにしても、

  • オートバックス
  • タイヤ館
  • ガソリンスタンド

など、いろいろありすぎてどこで購入したら損しないかわかりませんよね。

そこで今回は、タイヤを安く買う方法をご紹介したいと思います。少しでもタイヤを安く買いたい方は参考にしてくださいね。

タイヤを安く買う方法

結論からお伝えしますと、ネット通販が1番です。

「オートウェイ」という国内最大級のタイヤ通販サイトがあるのですが、安く買いたいならココがおすすめです。

年間210万本以上もネットで販売している超有名サイトで、流通コストを徹底的に削減することで他のタイヤ販売店では実現できない価格を提供しています。

在庫数も70万本以上と圧倒的ですし、値段が量販店と比較したら激安です。私も私の父もタイヤを交換するときは、オートウェイで購入しています。

オートバックスなどの量販店は、そもそもタイヤの在庫数や取り扱いメーカーが少ないので、安さを求めるのは微妙です。

タイヤ1本2,000円台からある

オートウェイは、輸入タイヤと国産タイヤを扱っています。

とくにメーカーにこだわりがなく、輸入タイヤでもいいなら1本2,000円台からあります。(驚きです)

たとえば、ヴォクシー(1.8ハイブリッドX)の純正サイズの15インチタイヤは、輸入タイヤなら2,280円からあります。

国産タイヤでもダンロップが1本5,610円からあります。(価格は2018年7月時点)

ちなみに、このタイヤはオートバックスとタイヤ館では取り扱いがありませんでした。つまり、オートウェイが最安値で購入できるわけです。

送料は1本あたり1,080円かかり、4本だと約4,000円になりますが、それでも安いです。他ではこんなに安く購入できません。

軽自動車のタイヤなら1,000円台からある

先ほどはミニバンサイズのタイヤをご紹介しましたが、軽自動車なら破格の1本1,000円台からあります。

ワゴンRの純正サイズの14インチタイヤは、輸入タイヤなら1本1,440円〜、国産タイヤなら1本3,540円〜あります。

オートウェイで安いタイヤを探す

オートウェイで購入したタイヤはどこで取り付けてもらえばいい?

オートウェイは、全国の整備工場と提携しているので取付店を簡単に見つけることができます。

取り付け工賃は全国一律で、インチ数によって違います。

  • 15インチ以下→1,800円(税別)/本
  • 16〜18インチ→2,200円(税別)/本
  • 19〜20インチ→2,700円(税別)/本

取り付け工賃に関しては、相場の価格なので工賃まで安いわけじゃありません。工賃まで安ければ嬉しいですが、タイヤ自体が安いので私は気になりません。

購入したタイヤは取付店に配送できる

ネット通販だと、購入したタイヤの置き場所に困りそうですよね。タイヤは結構大きいですし。

でも、安心してください。

オートウェイだと、取付店に直接配送することができるんです。なので、保管場所も取らないですし、受け取る手間も要りません。

もちろん自宅で受け取ることも可能です。

タイヤを購入する流れ

1,欲しい商品を探す

まずは、あなたの車に合うタイヤを探してください。タイヤは車種、サイズ、ブランドなどから選ぶことができるので、簡単に見つかります。

2,取付店を選んで注文する

タイヤを選んだら、配送先を選んでください。注文が完了すると、取付店から電話かメールで連絡があります。

そのときに、取り付ける日程などを決めます。

3,取付店でタイヤ交換してもらう

決めた日時にタイヤ交換をしてもらったら、これで完了です。

支払い方法

以下から選べます。

  • 代金引換
  • クレジットカード決済
  • 銀行振込
  • コンビニ決済(前払い)
  • NP後払い(コンビニ、郵便局、銀行)

まとめ

タイヤを安く買う方法は、オートウェイのネット通販を利用することです。

輸入タイヤから国産タイヤまで、格安で購入できるので損をしません。しかも、安く購入できる上に、取り付けまでの手続きが楽なのでおすすめです。

オートウェイで安いタイヤを探す

 - 車の豆知識