ウルナラ

車売るときに知っておきたいアレコレ

オイル交換の頻度ってどれくらいがベストなの?

   

u168171-1

  • オイル交換って何kmで交換したらいいの?
  • 期間は1年に1回、それとも半年に1回?

いろんな情報があり過ぎて迷いますよね。ここでは、オイル交換のベストな頻度をご紹介しているので参考にしてくださいね。

オイル交換の頻度

基本は、メーカーが指定している期間で問題はありません。詳細は後述しています。

ただ、その場合は標準的な運転をしているのか、シビアコンディションなのかを見極める必要があります。

シビアコンディションというのは、車にとって厳しい使用状況のことです。

  • 砂利道、凸凹道、雪道の走行
  • 1回の走行が8km以下の走行
  • ストップ&ゴーの繰り返し走行
  • 1年で20,000km以上の走行

などの運転をした場合がシビアコンディションになります。

近所のスーパーにしか行かない人、渋滞によく引っかかるのもシビアコンディションになるので注意が必要です。

「ちょっとしか乗らないから大丈夫!」と思っている人が多いですが、実はそれもエンジンに負荷がかかっています。

これ知らない人が多いんですよね。しっかり覚えておいてください。エンジンオイルが温まらないままの短距離走行はエンジンに負担がかかるんです。

では、メーカー推奨のオイル交換の期間を見ていきたいと思います。

メーカー推奨のオイル交換の頻度を見てみる

たとえば、トヨタは次の期間を推奨しています。

  • ガソリン車:15,000km、または1年
  • ガソリンターボ車:5,000km、または6ヶ月
  • ディーゼル車:5,000km〜20,000km、または半年〜1年

シビアコンディション時は以下の通りです。

  • ガソリン車:7,500km、または6ヶ月
  • ガソリンターボ車:2,500km、または3ヶ月
  • ディーゼル車:2,500km〜10,000km、または3ヶ月〜1年

一般的にはどの車もこれが基本です。

ただし!

あくまでこれは、メーカーが推奨している期間であってベストってわけじゃありません。悪くない程度のことです。

なので、私はもっと短い期間で交換しています。

オイル交換の時期のおすすめ目安

プリント

メーカー推奨でも悪くありませんが、迷っているのなら5,000kmに1回、または半年に1回のペースでオイル交換することをおすすめします。

この期間ならシビアコンディションの見極めなんていりません。

というか、車のメンテナンスというのはやって悪いものじゃありませんよね。交換期間が延びればデメリットはありますが、短くてもデメリットはありません。

むしろ、愛車のコンディションは上がりますし、ちょっと過保護なぐらいがいいんです。

私の父が乗っていたパジェロは、5,000kmに1回、または半年に1回のオイル交換で15年20万kmまで故障することなく走行していました。

オイル交換が全てでは無いかもしれませんが、エンジンが長持ちした理由に関係ないとは言えないところです。

なので、車が長持ちする可能性を少しでも上げたい人は、5,000kmに1回、または半年に1回の交換をおすすめします。

エレメントの交換も忘れずに

エンジンオイルの汚れを濾過(ろか)する「エレメント」というパーツがあります。

オイルフィルターなんて呼ばれたりもするのですが、エレメントも消耗品ですのでオイル交換をするときに、2回に1回の割り合いで一緒に交換する必要があります。

これはケチらずに交換することをおすすめします。

オイルの役割

そもそもなぜオイル交換が必要なのかというと、オイルは「潤滑」「密封」「冷却」「洗浄」「防錆」の役割があるからなんです。

エンジン内では、金属同士が擦れていたり摩擦熱が発生したりしているのですが、それらを全てオイルがサポートしているんです。

オイルは走行しているだけで量が減り、粘度も上がってエンジンに負荷がかかっていきます。この状態が続くとエンジンの寿命が縮まるどころか、最悪焼け付く場合もあります。

だから、最低限のメンテナンスとしてオイル交換はした方がいいんです。もちろん、期間は短い方が最悪のケースを回避しやすいですよね。

まとめ

オイル交換の時期は、基本的にはメーカーが推奨している期間で問題はありません。

ですが、シビアコンディションの見極めが面倒な場合や、少しでもエンジンを労ってやるなら5,000kmに1回、または半年に1回の交換がおすすめです。

 - 車の豆知識