ウルナラ

車売るときに知っておきたいアレコレ

エンジンからキュルキュル音がする原因と対処法

   

車のエンジンをかけたらとき、

「キュルキュルキュルキュルー!」

という高音が鳴って困っていませんか?

私も経験があるのですが、音がかなり大きいので近所の人に聞こえてそうで恥ずかしいですよね。

キュルキュル音が出る症状は、もちろん車にとってトラブルのサインです。

ここでは、エンジンからキュルキュル音が鳴る原因と対処法をご紹介しているので参考にしてくださいね。

エンジンからキュルキュル音が鳴る原因

キュルキュル音がいつ鳴っているかの確認ですが、

  • エンジンをかけたとき
  • 車が停止しているとき
  • エアコンを付けていないとき

こういう状態のときに異音がなっていませんか?

この場合にキュルキュル音がなる原因は、「ファンベルト」に問題があると考えられます。

ファンベルトとは、エンジンに付いているゴム製のベルトのことで、回転する力を伝えるためのパーツです。

キュルキュル音が鳴るときは、ファンベルトが緩んでしまっているときや劣化して傷んでいるときに鳴ります。

キュルキュル音を放っておくとどうなる?

いずれベルトが切れて、エンジン周りがぶっ壊れます。

そうなるとオーバーヒートしてエンジンが焼き付いたり、電気供給が止まったりと様々なトラブルを引き起こします。車はもちろん動きません。

壊れたら修理費用がめちゃくちゃ高くなりますし、何より走行中に切れたら危険なので、すぐに修理してください。

後回しは禁物です。

キュルキュル音が鳴るときの対処法

ファンベルトが原因でキュルキュル音がなるときの対処法は、次の通りです。

  • 緩んでいる場合→ベルトの張りを調整してもらう
  • 劣化している場合→ファンベルトの交換

どちらもディーラー、整備工場、カー用品店(オートバックスやイエローハットなど)で修理してもらえます。

事前に予約の連絡を入れて、ベルトの在庫があるかの確認を取っておくと流れがスムーズです。

修理の作業時間は、30分〜1時間が目安です。

1日預けたりしなくてもいいので、もう一度言いますが、すぐに修理することをおすすめします。

ファンベルトの修理費用の目安

車種や業者によって費用は違いますが、おおよその目安を紹介しますね。

ファンベルトの張り調整は、約3,000円が目安です。

ベルトの交換になれば、ベルト代と作業工賃を合わせて約10,000円が目安です。軽自動車なら1,000〜2,000円ほど安く収まります。

張り調整 交換
費用 約3,000円 約10,000円
内容 作業工賃のみ ベルト代+作業工賃

値段だけ見ると張り調整の方が安く済みますが、ファンベルトは消耗品なのでいずれ交換しなくてはなりません。なので、この機会に新品に交換するのもありです。

私の場合なんですが、ベルトの張り調整をした2〜3ヶ月後にまたキュルキュル音が鳴りだしたので、最初から新品に交換しておくのもいいと思います。

張り調整のあとにベルト交換となると、二度手間で面倒でした。

ファンベルトの交換時期

ファンベルトの寿命は4〜5年が目安とされています。また、50,000km走行するごとに交換した方がいいとされています。

なので、あなたがどれくらい車に乗っている確認し、交換時期になっているなら交換した方がいいと思います。

キュルキュル音が鳴り出したときは「今すぐ」です。

1つ覚えていてほしいのが、ファンベルトは車検時のチェック項目に入っていません。(結構重要なパーツなんですが・・・)

なので、日頃から気にして自分でメンテナンスをしなければいけないパーツなんです。

ファンベルトの張り調整や交換で済むうちにメンテナンスすれば、事故を防いだり費用を抑えることができます。

車はおおげさなくらい早めにメンテナンスしても、悪いことはありません。

まとめ

エンジンをかけたときにキュルキュル音が鳴る原因は、

  • ファンベルトが緩んでいる
  • ファンベルトが劣化して消耗している

のどちらかと考えられます。

車が古くなれば出る症状なので、ベルトの張りを調整したりベルトを交換したら改善できます。

修理費用は交換でも10,000円あればできるので、放置せず早めに対処してくださいね。

 - 車のトラブル