ウルナラ

車売るときに知っておきたいアレコレ

車を売却するときに必要な書類・もの

      2016/11/18

u17217-1

車を売却するときは必要な書類がいくつかあります。

これを事前に準備しておくと、売却時の流れがスムーズになるので、なるべく先に準備しておくといいですよ。

ここでは、売却するときに必要な書類・ものをご紹介しているので、参考にしてくださいね。

車を売却するときに必要な書類・もの

実印

委任状と譲渡証明書に押印していくときに実印が必要です。

実印は、100均で売られているハンコのことじゃないですので注意してくださいね。実印は、住民登録をしている市区町村の役場で登録したハンコのことです

実印登録がまだの方は、先に済ましておきましょう。数百円で登録できます。*地域によって差あり

また、引っ越しして住所変更した場合も、もう一度登録する必要があります。

印鑑証明書

印鑑証明書は、実印であることを証明するための書類のことです。こちらも、役所で数百円で発行してもらえます。

ほとんどの場合、発行から3ヶ月以内の印鑑証明書を持ってきてほしいと言われるので、発行しておいた方がスムーズですよ。

ただし、実印と印鑑証明書は、軽自動車の場合は必要ありません。認印があれば大丈夫です。

登録してない100均のハンコでいいってことね!

自動車車検証(車検証)

車検証は、車を車検に入れたらもらえる証明書です。

これは、車の中に常に保管しておくことが義務づけられているので、ダッシュボードなどにあるはずです。

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、「自動車税」がちゃんと納税されているか確認するための証明書です。

毎年5月までに納めているはずです。もし、自動車税が未納の場合は、売却できないので注意してください。

*厳密には未納のままでも売却はできるのですが、名義変更ができないため買い取ってもらえないことが多いです。

自動車税納税証明書を無くした場合は?

普通車の場合は都道府県の税事務所、軽自動車の場合は市町村役所で再発行してもらえます。

自動車税納税証明書の再発行の仕方

自賠責保険証

これは、法律によって加入が義務づけられている保険なので、証明書は必ず持っているはずです。

大体ダッシュボード内に、車検証と一緒に入っていることが多いので、確認してみてください。

リサイクル券

リサイクル券は、自動車リサイクル法によるリサイクル料が支払われていることを証明するものです。

車を購入するタイミングや車検のときに納めているはずです。

これも、大体車検証と一緒に保管されているはずですので、確認してみてください。

住民票(特定の人のみ)

住民票は、以下に当てはまる人が必要になります。

  • 車検証に記載されている住所と違うとき
  • 印鑑証明書の住所が違うとき
  • 結婚などをして苗字が変わったとき

特に引っ越しされた方は気をつけてくださいね。ついつい忘れてしまう人が多いです。

住民票は、役所で1通300円で発行してもらえます。

まとめ

車を売るときに必要な書類・ものは、

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 自動車車検証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 住民票(特定の人のみ)

です。

売却をスムーズに済ませるためにも、これらは早めに準備しておいた方がいいですよ。紛失していた場合などは時間もかかりますからね。

 - 車売却