ウルナラ

車売るときに知っておきたいアレコレ

軽自動車から普通車に乗り換えたときの運転の差や維持費の差

      2017/10/12

世間では「軽に慣れたら普通車を運転するのは難しい」なんてことがよく言われています。

実際は、軽を運転できるのであればそこまで難しいものじゃないですが、やはり運転していて多少の差はあります

これから軽から普通車に買い替えようと思っている方は、「その多少の差」が気になりますよね。

ここでは、軽から普通車に乗り換えたときの運転の違いや維持費の差をご紹介しているので参考になればと思います。

軽自動車から普通車に乗り換えたときの運転の違い

軽と普通車を比較したとき、具体的に何が違うかというと、

  • 小回り
  • 加速力
  • 車両感覚

です。

小回りについて

車の小回りは「最小回転半径」で表されるのですが、軽自動車は4.5mほどで、普通車は5.5mほどです。

以下はワゴンRとヴォクシーの最小回転半径です。

ワゴンR ヴォクシー
最小回転半径 4.4m 5.5m

この約1mの差が小回りに影響するので、カーブを曲がるときは普通車の方が大回りしなくてはいけません

ただ、大回りといってもほんの少しです。劇的な変化はありません。

また、コンパクトカーのように車体が小さい車だと、小回りの利きが軽とほぼ変わりません。

加速力について

加速具合は、軽と普通車では大きく違います。

エンジンのパワー(排気量)が桁違いなので、軽自動車を運転するときと同じ感覚でアクセルを踏むと、かなりスピードが出ます

なので、最初は丁寧なアクセルワークを意識することです。じゃないと、スピードメーターを見たときに「こんなに出ていたの!?」と驚くと思います。

車両感覚について

1番変化を感じるのはコレです。軽自動車よりも車幅や全長が大きくなるので、車両感覚が全く違います

軽自動車ではなんなく通れた道路も、普通車になれば狭く感じると思います。初めの頃はバック駐車に手こずるかもしれません。

運転はどれくらいで慣れる?

人それぞれではありますが、軽を問題なく運転できる技術があるなら、1日もあれば慣れると思います。

アクセルを踏む、ハンドルをさばく、ブレーキを踏むといった動作は変わらないので、ペーパードライバーじゃない限り心配しないでも大丈夫です。

軽自動車から普通車に乗り換えたときの維持費

忘れてはいけないのが維持費です。

普通車に乗り換えると、以下の維持費が軽自動車よりも高くなります。

  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 車検代
  • 消耗品代(タイヤ、エンジンオイルなど)

ざっくりですが、普通車は軽自動車よりも年間の維持費が10万円ほど高くなります

普通車は排気量によって年間の維持費が数万円違うため、はっきりとは言えませんがこのくらい違います。

軽自動車と普通車の維持費を比較

維持費の中でもとくに高くなるのは、1年に1回やってくる「自動車税」です。自動車税は以下の表でチェックしてみてください。

排気量 自動車税 軽自動車税 軽自動車との差額
1,000cc以下 29,500円 10,800円 18,700円
1,000cc超〜15000cc以下 34,500円 23,700円
1,500cc超〜2,000cc以下 39,500円 28,700円
2,000cc超〜2,500cc以下 45,000円 34,200円
2,500cc超〜3,000cc以下 51,000円 40,200円
3,000cc超〜3,500cc以下 58,000円 47,200円
3,500cc超〜4,000cc以下 66,500円 55,700円
4,000cc超〜4,500cc以下 76,500円 65,700円
4,500cc超〜6,000cc以下 88,000円 77,200円
6,000cc超 111,000円 100,200円

軽自動車から普通車に乗り替えたときのメリット・デメリット

デメリット

デメリットは、先ほども触れたように維持費が高くなることです。

他にも、軽自動車専用の駐車場に停められないことや、洗車に時間がかかるようになることもあります。

メリット

メリットは、何といっても乗り心地の良さです。車内も広いですし、シートに座った感じが全然違います。

さらに、軽は走行中のエンジン音が大きいですが、普通車は加速しても静かなのでノイズが少ないです。軽と比べたらゆったりした気分で運転できると思います。

もちろん加速力も普通車の方が上なので、高速道路を走ったときや峠を越すとき、長距離ドライブのときが楽です。

荷物を積める量も増えるので、海や旅行に行くときなんかに荷物を減らさないで済みます。

軽自動車から普通車にお得に買い替えるなら

普通車に乗り替えるときに限らない話ですが、車をお得に乗り替えるなら、今乗っている車を少しでも高く売ることです。

車はディーラーに下取りしてもらうか、ガリバーなどの買取店に買い取ってもらうかになるわけですが、買取店に売る方が高く売れる傾向にあります。

下取り価格よりも買取価格の方が数十万円も高くなることは、決して珍しいことではありません。

なので、損をせずに乗り替えたいなら買取店に売却することをおすすめします

その際に、複数の買取店から見積もりが取れる一括査定を利用すれば、高額査定を出してくれる買取店を見つけられます。

今乗っている車を高く売りたいときは、ぜひ試してみてください。利用するのは無料です。

一括査定はこちら(無料)

一括査定が初めてで、利用するときの流れがわからないときは「一括査定の流れ。査定してもらって入金されるまで」の記事を参考にしてみてください。

まとめ

軽自動車から普通車に乗り替えると、「小回り」「加速力」「車両感覚」が運転したときに違います。

といっても、運転にはすぐ慣れると思います。

車の性能は普通車の方が優れているので、これから快適なドライブを楽しんでくださいね。

 - 車の買い替え