ウルナラ

車売るときに知っておきたいアレコレ

ディーラーに下取り0円と言われた車をお金にする方法

      2017/10/12

u16625-1

「ディーラーに下取りに出したら値段がつかない、0円と言われた…」

こういった方向けの記事です。まだ愛車が手元にあるなら、値段がつく可能性は残っています。

ここでは、下取り0円の車をお金にする方法をご紹介しているので、参考にしてくださいね。

ディーラーの下取り0円なんてありえるの?

今の今まで乗っていた愛車が、下取りに出したら「0円」にしかならないなんて驚きますよね。故障もしてないなら尚更だと思います。

しかし、イラッとするかもしれませんが、ディーラーに下取りに出したら0円になることは十分ありえます。

なぜかというと、ディーラーは「買う専門」ではなく「売る専門」だからです。あなたの車を引き取ったあと利益を出す手段が少ないんです。

ディーラーはプラス査定をしない

下取り価格を決める際、ディーラーはプラス査定をしてくれません。マイナス要素があればどんどんマイナス査定されていきます。

たとえば、社外品のパーツを取り付けているだけでマイナス査定になります。

なので、無理して引き取ることは基本的にしない姿勢です。場合によっては、廃車費用を請求されることもあります

上手い営業マンは、

「本当は廃車費用がかかりますが、今回はサービスで0円にしておきました」

なんて、いかにもこっちが得をしているかのように言ってきます。(経験ありです。笑)

下取り0円になるケースは?

車の状態にもよりますが、とくに走行距離が10万キロに達している車は0円になりやすいようです。

また、中古車市場で人気がないことや、その車が出回っていること、修復歴があることなども0円になる要因です。

いろんな要素で下取り0円になる可能性があり、一度言われたらその金額から上がることは期待できません。

下取り0円の車をお金にする方法

u16625-2

車は最悪「鉄」としての価値があります。なので、完全に0円になることなんてありません。

2016年6月の時点で、鉄の値段が1kg12円(私が調べたとき)だったので、普通車の場合1〜3万円程度にはなると思います。

また、普通車なら廃車にすると自動車税の還付金もあります。ただ、これは最終奥義です。というか、自分でやると手間暇がかかるので面倒です。

もっと簡単にお金にするなら、下取りに出すのではなく、買取専門店に売ることです。

野菜を作りたいなら農家の人に聞くの1番ですよね。同じく、車を高く売りたいなら買取り専門の店に売るのが1番なわけです。

要は、その道のプロに任せるのがベストってことです

買取店は、事故車だろうと修復歴があろうと基本的にどんな車でも買い取ってくれます。しかも、ディーラーよりも高く買い取ってくれるのが特徴です

それがたとえ1万円にしかならなくても、0円よりかはマシですよね。私なら少しでも新車の購入費用にあてられたら嬉しいと思います。

以下は、ディーラーの下取り価格が0円だった車に値段がついた例です。

某ディーラーの下取査定は0円で、ガリバーの査定では15万円の値がつきました。
先週、某ディーラーでステップワゴンの下取り価格を見てもらったら、ついた値段は0円・・・・
ディーラー曰く、「かなり古い型なので、無料で引き取らせていただきます」と言われてしまいました・・・
なんか納得がいかなかったので、近場のガリバーでも査定してもらったら、15万円の値がつきました。

出典:yahoo知恵袋

こういった事例も少なくありません。下取り価格が0円なのに、数万〜数十万円になることはよくある話です。

買取専門店って?

ガリバーやカーチス、ビッグモーターなどの買取サービスをメインとしている業者のことです。

下取りとは違い、状態が良ければプラス査定もしてくれるので、お金になる可能性はかなり期待できます。

しかも、「出張査定」といって車を置いてある自宅まで来てくれるため、手間暇もかからず楽チンです。

査定は無料でしてもらえるので、あなたの車に値段がつくか試してみる価値はあると思います。

査定してもらうときは、インターネットの一括査定に申し込むと、あなたが住んでいる地域の買取店に依頼できます。便利なので、ぜひ活用してみてください。

査定を依頼する(無料)

もっと一括査定について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしていただければと思います。

まとめ

ディーラーの下取り価格だと、0円になることはありえます。

ただし、下取り価格が0円といわれても、買取店に売れば数万円の値段がつくことがほとんどです。

買取査定は無料でしてもらえるので、諦めずに試してみてください。

買取店に売る場合、たいがいの車は値段がつくものですが、それでも0円になったときは潔く諦めた方がいいかもしれません。

愛車が0円ではなく、少しでも高く売れるといいですね。

 - 車の買い替え